D言語のおはなし

※この記事は ICT Advent Calendar 2018 18日目の記事です.

昨日はICUに合格したらしいまなえです.

manaway1019.hatenablog.com

明日は,私が高専を去ることを心底悲しんでいるkurokojiです.

親しい人が離れていくというのは正直寂しいですよ.はい.

毎年私からの愛のこもったフリを受けるために,私の次の日に記事を書いちゃう可愛いやつです.

誤りがあるので言っておくと,僕のほうが先に18日に書く予定を入れていたのに,17日に後からわざと入れたのはあなたでしょ??? 事実を曲げることは良くないです.


D言語を流行らせたい

全人類が学ぶべき言語であるところのD言語.しかし実態はあまり知られていないように思います.

D言語くんは知っていますか?

f:id:kurokoji:20181219001722p:plain
D言語くん

Twitter等で一度は見たことがあると思います.何かと変なポーズなので,ほとんどの人が笑いの対象としか見ていないような気はしますが.

「変なマスコットキャラクターが存在する,ようわからん言語」

そのイメージを払拭するために,このD言語販促記事を書いてます.

あ,ちなみに今年の高専プロコン競技部門のソルバはD言語で書かれています.

github.com

軽い文法の紹介

import std.stdio, std.array;

void main() {
  writeln("Hello, World!!");
  for (size_t i = 0; i < 10; ++i) {
    writeln(i);
  }

  /*
  上のfor文と同じ動きをする
  foreachの場合,iの型は何も書かなくても型推論してくれます
  */
  foreach (i; 0 .. 10) {
    writeln(i);
  }

  uint[] ar = [1, 2, 3, 4, 5];
  ar[0 .. 3] = 0; // [0, 0, 0, 4, 5]
  ar[0 .. $] = 6; // [6, 6, 6, 6, 6]
}

import std.stdio はC,C++でいう #include <stdio.h> みたいなもの.厳密には違うけど,まぁそれは置いておいて.

writelnprintf のような標準出力関数です.writeln は改行が最後に勝手に入ります.write なら入りません.

writelnprintf と違って書式文字列("%s %s" みたいな)は使えませんが,writefln で同様に出来ます.

一般的な for も使えますが foreach も使えます.

C,C++などと違って,unsigned intuint です.短くて良い.

で,ar[0 .. 3] = 0 みたいに配列のここから,ここまで0を代入する,みたいなのが一行で分かりやすく書けます.

if などは他の言語と大体一緒です.

面白い機能の紹介

D言語には面白い(しかも便利)機能がたくさんあります.

などなど.

いくつか紹介します.

UFCS(統一関数呼び出し構文)

import std.stdio;

int inc(int a) {
  return a + 1;
}

void main() {
  int n = 1;
  writeln(inc(n)); // 2
  writeln(n.inc()) // 2
}

writeln(inc(n)) は普通ですね. writeln(n.inc()) に注目していただきたい.

UFCSとは関数の第1引数を関数の前に持ってきて,まるでメンバ関数のように振る舞うことが出来る構文です. これによりメソッドチェーンがやりやすくなり,見た目もよりキレイになります.

CTFE(コンパイル時関数実行)

import std.stdio, std.string, std.conv;

bool[] Eratosthenes(ulong N)() {
  bool[] is_prime = new bool[N + 1];
  is_prime[2 .. $] = true;

  for (ulong i = 2; i * i <= N; ++i) {
    if (is_prime[i]) {
      for (ulong j = i * 2; j <= N; j += i) {
        is_prime[j] = false;
      }
    }
  }
  return is_prime;
}


void main() {
  // enumをつけることで,強制的にCTFEを発動させることが出来ます
  enum tmp = Eratosthenes!100000;
  write(">> ");
  auto n = readln.chomp.to!uint;
  writeln(tmp[n]);
}

readln.chomp.to!uint は標準入力から一行文字列を受け取って,改行を取り除き,uint に変換しています.

このプログラムはエラトステネスの篩という素数を列挙するアルゴリズムです. 通常,この計算はN が大きくなると計算が遅くなります.そこで,CTFE(コンパイル時関数実行)を用いると高速化が見込めます.

名前の通り,この機能はコンパイル時に関数を実行,つまり計算を行っています. これにより,実行時は列挙部分の計算は行わないため,高速化が可能です.

ただし,計算結果を埋め込むことになるので吐いたバイナリのサイズは大きくなります.

mixin

void main() {
  mixin("writeln(1);");
}

見慣れないものが出てきました. これをコンパイルして実行すると,1 と出力されます.

mixin は渡された引数の文字列をその場所にDのコードとして埋め込むことが出来ます. (条件がありますが,詳しい説明は省きます)

例えば,四則演算をする関数を作りたいと思ったとき.

int calc(string op)(int lhs, int rhs) {
  // Dでは~(チルダ)で文字列の連結が出来る
  return mixin("lhs" ~ op ~ "rhs");
}

void main() {
  writeln(calc!"+"(1, 2)); // 3
  writeln(calc!"-"(3, 1)); // 2
  writeln(calc!"*"(3, 4)); // 12
  writeln(calc!"/"(8, 2)); // 4
}

このようにすると関数を4つも書かなくて済みますね.

D言語に興味を持ったそこのあなた

D言語の公式ページでコードを実行して遊べます.ここ

Windows/Mac/Linux に対応してるので今すぐインストール. ここ

Windowsは上記のURLから飛んでインストーラ使って.

LinuxMacならスクリプトを叩く.

curl -fsS https://dlang.org/install.sh | bash -s

これらのD言語の魅力は使ってみて体感してください.特にC++ユーザーは気にいるはず.


明日はバターくんです.(誰かわからんぞ)

// ここに記事を貼る

Ubuntu18.04でneovim(or vim8)+LanguageClient-neovim+clangdでC++の補完をする

普段はMacで使ってますが,TwitterUbuntuで上手くいかなかった人がいるみたいなのでやってみました.

必須なやつ

インストール手順

dein.vimとneovimのインストール手順は省きます.(他に書いてる人がたくさんいるので)

clangd

clangも一緒にインストールしておきます

sudo apt install clang-6.0 clang-tools-6.0
sudo update-alternatives --install /usr/bin/clang++ clang++ /usr/bin/clang++-6.0 100
sudo update-alternatives --install /usr/bin/clang clang /usr/bin/clang-6.0 100
sudo update-alternatives --install /usr/bin/clangd clangd /usr/bin/clangd-6.0 100

LanguageClient-neovim

tomに書いてください.tomlに書いてない場合,適宜読み替えてください.

[[plugins]]
repo = 'Shougo/dein.vim'

# vim8用
[[plugins]]
repo = 'roxma/nvim-yarp'
if = "!has('nvim')"

# vim8用
[[plugins]]
repo = 'roxma/vim-hug-neovim-rpc'
if = "!has('nvim')"

[[plugins]]
repo = 'Shougo/deoplete.nvim'
hook_add = '''
let g:deoplete#enable_at_startup = 1
'''

[[plugins]]
repo = 'autozimu/LanguageClient-neovim'
rev = 'next'
depends = ['deoplete.nvim']
build = 'bash install.sh'
hook_add = '''
set hidden
let g:LanguageClient_serverCommands = {
      \ 'cpp': ['clangd'],
      \ }
let g:LanguageClient_loadSettings = 1
let g:LanguageClient_hasSnippetSupport = 0

set completefunc=LanguageClient#complete

nnoremap K :call LanguageClient#textDocument_hover()<CR>
nnoremap F :call LanguageClient#textDocument_formatting()<CR>
'''

結果

同様に,prabirshrestha/asyncomplete-lsp.vimを使ってもできます. これに関してはkutimoti氏が記事を書いてくれているのでどうぞ.

kutimoti.hatenablog.com

また,cquery-project/cqueryなどでも同様です.

kutimoti.hatenablog.com

HiDPI(Retina)環境にReaperを適応させて最高な気分になろう

いつの間にかReaperがHiDPIに対応していたので,記事にすることにしました.

どうもkurokojiです.

HiDPIとは

HiDPIとは「High Dot Per Inch」の略で「1インチあたりのドットがめっちゃある」みたいな解釈でたぶん合ってると思います.(たぶん)
これの何が嬉しいのかという話ですが,HiDPI表示をするとフォントやらUIやらが何かと綺麗に見えます.

例えば200×200の画像と1000×1000の画像を同じディスプレイで同じ大きさで表示するとき,1インチ中に含まれるドットが多い1000×1000のほうが綺麗に細かく表示されることを考えるとわかりやすいかもしれません.

HiDPI表示にする方法はググってもらうと直ぐに分かるので,ここでは書きません.

デフォルトの設定でPCがHiDPI表示になっている場合があって意識していない人もいるかもしれませんね.

動作を確認した環境

  • Laptop: MacBookPro(13-inch, 2016)
  • OS: macOS Sierra, Windows10
  • Reaper: v5.70/x64

HiDPIに対応させる

(注意: v5.34以降にしか対応してないので気をつけてください)

まず,ReaperのForumにあるHiDPI対応したThemeをダウンロードします.

ここの「...ReaperThemeZip」みたいに書かれてるリンクをクリックするとダウンロードが始まります. ダウンロードした「Default_5.0_hidpi.ReaperThemeZip」をダブルクリック,またはReaperにドラッグアンドドロップすると,インストールするぞ的なことを聞かれるので,従順になってやります.

メニューの「Options->Themes->Default_5.0_hidpi」を選択します.

Macユーザの皆さんはここで終了ですが,Winユーザの皆さんはまだやることがあります.

メニューの「Options->Preferences->General->Advanded UI/system tweaks...」をクリックして,「HiDPI mode(Windows 7+)」「Aware(experimental)」に変更します.

Reaperを再起動しましょう.

f:id:kurokoji:20180217010751p:plain:w270f:id:kurokoji:20180217010755p:plain:w300
←デフォルト HiDPI→

フォントの部分を見ると分かると思うんですが,デフォルト状態の時よりもHiDPI状態のほうが美しくなっています.最高!! HiDPI万歳!!!!

これでReaperをHiDPIに対応させて綺麗な画面になりました!! 嬉しい!!

ま,CubaseとかポピュラーなDAWは大抵HiDPIに対応してると思いますが.

もしかして今日って2017年12月26日ですか!? え… ちょっと待って… ということは…

おはよーーーー!! こんちはーーーー!! こんばんはーーーー!! おやすみーーーー!! おきてええええええ

こんちわっす! 輝夜月だよ! kurokojiです.

はじめに

最近バーチャルYouTuberが流行っていますね.バーチャルですよバーチャル.凄い時代になったもんです. お気づきの方もいると思いますが,冒頭のセリフは輝夜月ちゃんから取っています.

ぼくはミライアカリちゃんが好きです.僕は基本的にYouTubeのチャンネルを登録したりしないんですが,ミライアカリちゃんとバーチャルのじゃロリ狐娘YouTuberおじさんキズナアイシロイルカちゃんは登録しています.輝夜月ちゃんは登録していないです.

[追記2018/01/06]今は富士葵さんが好きです.

あとTokyo 7th シスターズを始めました.もう〜〜〜〜めっ〜〜〜〜〜ちゃ曲がエモいのでみんなやってほしい.



CD買いたい.え? アイドルマスターですか? 工藤忍SSRデレステで実装されましたね.

僕はまだ引けてません.工藤忍かわいいですよね.好き…

あとHappy Hacking Keyboard Professional2を買いました.

僕はプロなので,Professionalと書かれているものをChoiceしたわけですね.嘘です.

ICT Advent Calendar 2017の季節ですね.この記事は26日目の記事です.知ってましたか?

1年間の振り返り

大会出場した数で言えば去年に比べると少ないです.が,精神と肉体のつらさで言えば今年が一番ですかね.

出た大会

大会名 結果
第16回日本情報オリンピック(JOI 2016/2017) 本選進出
第28回全国高等専門学校プログラミングコンテスト(競技) 1回戦1位,準決勝15位敗退
パソコン甲子園2017プログラミング部門予選 予選落ち
パソコン甲子園2017プログラミング部門もう一つの本選 ダメ

JOIを今年に入れていいかと言われると微妙ですが,一応今年度ということで.

や〜 なんといっても高専プロコンはきつかったですね.某がチームから抜けたときはどうなることやらと思いましたが,まぁなんとか僕の鋼のメンタルで1回戦1位を勝ち取りました.決勝には出ることが出来ませんでしたが,自分の力でも勝てるんだという自信が付きました.(実際は僕だけでなく,orisano先輩の力もお借りしましたが)

あと高専プロコンのせいで生活リズムが崩れました.設定画面からちゃんと判定調整しようとしたんですが,UIがバグってて無理でした.

SuperCon2017には出ることが出来ませんでした.予選に応募しようかなぁとか思っているときに,インフルエンザを患ってしまい辛かったです.体調管理には気をつけよう!!

PCKに関してはつらいので話しません.後輩諸君は頑張ってください.

昨年欲しかったものたち

昨年欲しかったものを,昨年こう述べていました

このうち,

を手に入れました.

  • 多分Macなかったら高専プロコンは1回戦敗退してただろうなぁと思います.(モチベの問題)
  • サマカニめっちゃ元気でる
  • 藤忍いいよなあ〜〜〜〜(suki♡)

アイドルマスターシンデレラガールズから引用

昨日は委員長りしの記事でしたね.

10riridk0.hatenablog.jp

来年欲しいもの

  • 高専プロコン競技部門優勝という称号
  • お金

これ以外にはほしいものリストがあるので,買っていただいた方には何かしらの特典があります.

やりたいこと

D言語 進行形でやってます.

出来たら高専プロコンの競技部門はD言語で書きたいなぁとか思ってるけど,どうなんでしょ.

VST/AUプラグイン開発

VST/AUプラグインというのはDTMをしている人なら分かると思うんですが,まぁエフェクトとかを掛けるやつです.

種類としては色々あるんですが,まぁEQ(イコライザ)とかコンプレッサ,シンセとか C++で書けるらしいし書いてみたいですね.D言語で書いてる猛者もいそうですが流石にC++で書くことになりそう.

おわりに

最後はこのツイートで締めたいと思います.皆さん良いお年を.

あ,明日はmitoです.

ABC066

ABC066

テンプレは省略

A

sortして先頭2つを取っておわり.

ソース

#include <bits/stdc++.h>
using namespace std;

signed main() {
  int a[3];
  rep(i, 3) cin >> a[i];
  sort(all(a));
  print(a[0] + a[1]);
}

B

与えられた文字列が偶数の長さで,半分に割ったときに左右で一致していれば偶文字列と分かるのでsubstrで分割してあげる.

ソース

#include <bits/stdc++.h>
using namespace std;

signed main() {
  string s;
  cin >> s;
  int res = 0;
  
  while (true) {
    string a, b;
    s.erase(s.begin() + s.size() - 1);
    res++;

    if (s.size() % 2 != 0) continue;
    a = s.substr(0, s.size() / 2);
    b = s.substr(s.size() / 2, s.size());
    if (a == b) {
      break;
    }
  }
  print(s.size());
}

C

反転して末尾にpushしていくのは,先頭と末尾へ交互にpushしていくことと変わらないのはすぐに分かる. 先頭・末尾へのpush,アクセスが高速なデータ構造といえばdequeであるから,この子を丁寧に扱ってあげると答えに導いてくれる.

ソース

#include <bits/stdc++.h>
using namespace std;
 
signed main() {
  deque<int> q;
  int n = in();
  
  rep(i, n) {
    int a = in();
    if (i % 2 != 0) q.push_back(a);
    else q.push_front(a);
  }

  if (n % 2 != 0) {
    rep(i, n - 1) {
      cout << q[i] << " ";
    }
    print(q[q.size() - 1]);
  } else {
    rrep(i, q.size() - 1, 1) {
      cout << q[i] << " ";
    }
    print(q[0]);
  }
}

D

逆元を用いた {{}_n C_r \pmod{a} } の実装が分からず,時間内に解けなかった.

 {N}個の数が必ず一つ以上使われている長さ {N + 1}の数列から,長さ {k}の部分列の個数を出力する問題.

 { {}_n C_r} (組み合わせ)を使う.

そのままやってしまうと重複部分を数えてしまうので,重複分を引いてあげる.

 { {}_{N+1} C_k } (長さ {k}の部分列の個数)

 { {}_{N-d} C_{k-1} } が重複分( {d}は被った2つの数字の数列上での距離)

 {{}_{N+1} C_k - {}_{N-d} C_{k-1} }

逆元と親身に接することで答えがでる.

ソース

#include <bits/stdc++.h>
using namespace std;

lint fact[100010], ifact[100010];

lint pow(lint a, lint k) {
  if (k == 0) return 1;
  lint res = pow(a, k / 2);
  res = res * res % MOD;
  if (k & 1) res = res * a % MOD;
  return res;
}

lint inv(lint a) {
  return pow(a, MOD - 2);
}

lint C(lint n, lint r) {
  if (n < 0 || r < 0 || r > n) return 0;
  if (r > n / 2) r = n - r;
  return fact[n] * ifact[r] % MOD * ifact[n - r] % MOD;
}

signed main() {
  lint n = in();
  int N = n + 1;

  fact[0] = ifact[0] = 1;
  rep(i, 1, 100010) {
    fact[i] = (fact[i - 1] * i) % MOD;
    ifact[i] = inv(fact[i]);
  }

  int d = -1;
  int used[100010];
  fill(all(used), -1);

  rep(i, N) {
    int a;
    cin >> a;
    if (used[a] != -1) {
      d = i - used[a];
    }
    used[a] = i;
  }

  rep(i, N) { print((C(N, i + 1) - C(N - d - 1, i) + MOD) % MOD); }
}

1125 -> 1173(+48, Highest!!)

はやいところ水色になりたいです

Bash on Ubuntu on WindowsとWindowsでクリップボード共有っぽいことする

初投稿です.既出だったら許してください. Qiitaに投稿したやつをここにも残しときます

qiita.com

Windows10は2017年4月11日にCreators Updateが配信されました. そこで新しく追加された機能の中に「Windowsアプリケーションとの相互運用」があります.
今回はこれを利用して,Bash on Ubuntu on Windows(以下BoW)とWindowsとのクリップボード共有まがいのことをしてみようと思います.

準備

Windows10側での準備

まずはWindows10でのCreators Updateを行ってください.
そのあとghuntley/pasteboardreleasesから「pasteboard-v1.1.0.zip」をダウンロードしてください.この中の pbpaste.exe を使います.

ダウンロードし,展開したフォルダpasteboard-v1.1.0pasteboard にリネームした後,任意の場所に移動,コピーして環境変数pasteboard-v1.1.0 までのパスを追加します.

ここでは C:\app\pasteboard環境変数に追加しました.

コマンドプロンプトpbpaste と打って動くか確認したら準備は終了です.

BoW側での準備

改行コードや文字コードの変換に必要なnkf をインストールします.
sudo apt-get install nkf でインストール出来ます.Linuxはコマンド一つでインストール出来てとても楽ですね.

nkf --help と打ってヘルプが表示されたら準備は終了です.

作業

さぁ,実際に使うための作業をしましょう.
BoWを起動し,vim ~/.bashrc などで.bashrc を開きます.
ここに以下のコードを追加してください.

alias wcopy='clip.exe'
alias wpaste='pbpaste.exe'

保存して,source ~/.bashrc するかBoWを再起動してください.

使ってみる

windowsで適当なテキストファイルを作りましょう.ここではデスクトップにhoge.txt を作ってみます.

ばっしゅおんうぶんつおんうぃんどうず

ぽよよ

BoWで/mnt/c/Users/{Windowsのユーザ名}/Desktop に移動します.

cat hoge.txt | wcopy と入力するとコピーが出来ます.

その後pbpaste と打つとターミナルにコピーした内容が表示されますが,文字化けしていると思います.そこで間にnkf をはさみ,文字コードを変換してからコピーするようにします.

nkf -w hoge.txt | wcopy
(ちなみに,ここで改行コードをLFに変換してもclip.exe の仕様のせいかCRLFになってしまうっぽいのでwpaste したあとに改行コードを変換する必要があります)

wpaste で確認すると文字化けが解消されているかと思います.

また wpaste > out.txt とすることで wpaste の内容をout.txt に保存することが出来ます.

使い方まとめ

  • cat ファイル名 | wcopy でコピー
  • wpaste でコピーした内容が見れる
    • wpaste > ファイル名 でファイルに出力できる

以上でクリップボード共有まがいを実現する計画は完了です.
もし何かあったら,コメントかTwitterでリプしてくださると助かります.